2017年7月15日土曜日

スキップハウス徳島市M棟は外壁工事を始めました。

スキップハウス徳島市M棟は、外壁を貼り始めました。
こちらの建物も、タイル調の外壁を採用していただきました。
タイル調の外壁を使うときは、建物の端部などに小さなブロックが入らないように、目地の位置を割り付けます。そして外壁のジョイント位置も先に決めておき、そこには下地を先に入れておく必要があります。

特に正面は開口部がたくさんあるので、目地の位置決めには一苦労。
貼り初めには職人さんと、事前に作った割り付け図面と照らし合わせ、慎重に目地位置を確認しました。