2018年1月17日水曜日

スキップ徳島市O棟の基礎工事進捗

スキップハウス徳島市O棟は、表層土の搬出が終わり、掘り方と下地砕石敷きをしています。
掘削整地の後、建物全体に砕石を敷き詰めます。
機械で砕石を締め固めた後は、いつものように建物内の水道配管を埋設していきます。

2018年1月16日火曜日

スキップ徳島市M棟の消防検査

去年竣工した、スキップハウス徳島市M棟の消防検査の立会いをしました。
共同住宅建築時は消防署への届け出が義務付けられていて、この写真は、完了検査時の様子です。
火災消火時の進入経路の有効スペースや、プロパンガスボンベ庫の仕様、消火器や火災警報器などの設置確認等、事前に提出した図面に相違が無いか検査をしていただきました。
一般的には、建物内の細かな寸法取りまでは行わないそうですが、スキップハウスの水廻りの上に乗ったロフトと洋室の位置関係が、図面では構造が解り難かったそうで、ロフト部分の面積算定などの確認を兼ねて、詳しく検査をされたそうです。
2棟とも特に指摘も無く検査は無事終わり、内外で約1時間ほどの立ち合いでした。

2018年1月15日月曜日

スキップ徳島市B棟のクロス下地パテ

スキップハウス徳島市B棟は、クロス下地のパテをしています。
ボードの繋ぎ目と留め付けビスの頭を、丁寧に埋めていきます。
出隅部分も補強テープを埋め込むようにパテをしました。
間も無く、クロス貼りが始まります。
クロスの柄はいつものように白基調で、ロフトのいちばん奥の壁に、アクセントクロスで色付けをします。



2018年1月14日日曜日

ガレージ小松島の工事進捗

ガレージハウス小松島の工事は、建物内の水道配管埋設が終わり、基礎工事を再開しました。
立ち上がっているのが、埋設した水廻りの排水管です。ここも2戸1棟の建物で、建物の中寄りに水廻りを配置、両外側がガレージスペース間取りになっています。
基礎工事は、外周部分と間仕切り部に、型枠を固定する為の、捨てコンクリートを打設しました。
この後続いて、鉄筋組みの工程に入ります。

2018年1月13日土曜日

スキップ鳴門市M棟の宅配ボックス

スキップハウス鳴門市M棟は、郵便受けと宅配ボックスを取り付けました。
左側が郵便受け、右側が宅配ボックスです。共同廊下に戸数分の10セットずつを、壁に埋め込んで取り付けました。
宅配ボックスは、ミカン箱でも余裕で入る、容量のいちばん大きい物を採用しました。
ボックスの大きさは、奥行きが40センチ以上あるので、裏側にある階段下収納スペースへ、割り込ませて設置しました。


2018年1月12日金曜日

スキップ徳島市O棟、基礎工事着工

スキップハウス徳島市O棟は基礎工事に着工しました。
最初は、表層の草の根をすき取ります。
草の根を含んだ土は場外搬出処分。
広い面積ですので、2日程かかります。
この後、建物外周部分の掘削を行います。

2018年1月11日木曜日

ガレージ小松島の浄化槽埋設

ガレージハウス小松島は、浄化槽の埋設工事を行いました。
現場へ搬入された浄化槽と重機です。
事前の調査で、掘削の時に地下水が出る可能性が高かったので、その場合に必要な鉄製のセキ板(通称、鉄箱)を準備して工事を行いました。
しかし実際に掘っても地下水が湧き出てくる事は無く、水分を多く含んではいますが、崩れやすい土質ではなかったので、鉄箱を使うことなく工事が出来ました。
いつものように、とても段取りの良い職人さん。順調に工事は進んで、
2時間ほどで埋めることが出来ました。
この後、浄化槽内に水を張って、周りを砂で埋め戻せば工事終了です。