2017年7月1日土曜日

スキップハウスの骨組み高さ

スキップハウス徳島市M棟は、先日構造の検査が終了して、これからは造作工事が進んでいきます。
現在は共用廊下の床下地を組んでいるところです。床の仕上がり高さは、洋室から廊下が18cm下がります。

ですので写真のように、骨組みの梁の高さも、予め廊下側を下げています。
こちらは、バルコニー側の骨組みです。こちらも仕上がり高さに合わせて、梁の高さを少し下げています。
土台から屋根まで各骨組みの高さは、造作工事を行うのに、手間がかからないよう、余分な材料が要らないよう、今までのデータを蓄積し、ミリ単位で最適な寸法に設定しています。