2019年2月13日水曜日

共同住宅の界壁

共同住宅で、隣との境になる壁を界壁と言います。
この界壁は建築基準法で細かく施工方法が 決められています。

壁の中へ断熱材を充填して、
壁の両面とも石膏ボードを2枚ずつ貼る必要があります。
貼る範囲は、見えなくなる部分であっても、下は土台から、
上は屋根まで全面に貼らなければなりません。
石膏ボードを留め付けるビスにも、長さと間隔が決められています。
もちろん1階と2階の境になる床にも規定があります。
これらがきちんと施工されていないと、隣からの音が聞こえやすかったり、火災時の延焼に大きく影響します。