2019年1月28日月曜日

スキップ徳島市A棟、境界ピン

スキップハウス徳島市A棟の造成工事は最終盤に入り、西と北にある用水との境界にピンを打ちました。

土地家屋調査士さんに測量していただき、土留が境界位置で間違いないのを確認後、ピンを打ち付けてもらいました。
7カ所ある境界点とも、キレイに位置が合っていて、無事に全てのぴんが打てて一安心。
外周のU字側溝設置もほぼ出来て、造成工事は間もなく終わります。