2018年7月6日金曜日

つまえるハウスの斜め壁

つまえるハウス徳島市O棟は、外観の意匠で斜めにハングした袖壁を採用しています。
袖壁は土台から屋根まで伸び、上に行くほど出幅が大きくなっています。
コーナーは同質では目地が合わないので、フラットなスリム役物を使って仕上げました。
中の骨組みは、こんな感じ。
1階と2階の梁を斜め壁の中まで持ち出し、そこで荷重を支えています。